2009年04月11日

ネットでの仕事探しの注意点

ネットでの仕事探しの信憑性については、注意しなければならないでしょう。

昔からよく旨い話には裏があるとは言いますが、求人情報を見てあまりにも条件が良すぎる場合は、そのまま信じないように気をつけたほうがよいでしょう。

ネットの仕事情報欄には記載されていないような、例えば人間関係が劣悪であるとか、仕事が過酷であるとか、環境であったり、仕事を強いられる可能性も無いとは限りません。

仕事情報が掲載されていたものと全く条件が違う場合には抗議することは可能です。

単に自分が知らなかっただけ、もしくは丸め込まれてしまった場合には、泣き寝入りする破目になるでしょう。

あらかじめメールや電話で、不安な点や分からない点があれば遠慮なく問い合わせると良いでしょう。

面接の際は疑問に思っていることや、自分がどうしても譲れない点をはっきり伝えるようにしましょう。

そのときに不採用になるのではと黙っているだけでは、トラブルや悩みの原因にもし受かってもなる可能性があるので注意が必要です。

仕事探しをネットでした場合、その会社の社員や上司の顔を見ることはできないのです。

ということは、面接の予約を取るときには、会社の実情がはっきりしないままということになります。

一歩引いて客観的に探すという姿勢が、ネットで仕事を探すときには大切なことです。

仕事探しをネットでする場合には、複数の企業にアプローチを試みるようにし、一社だけに執着するのは止めたほうが良いでしょう。

もしかしたら、面接を終えた時にあなたの第一志望の企業が変わっているかもしれないのですから。
posted by jyobo at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。